メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年

とうほくの今 復興住宅、遅延「1カ月短縮可能」 調整会議で業者報告 釜石市 /岩手

 釜石市は19日、東日本大震災からの復興事業で、工事の進み具合や課題などを業者と協議する調整会議を開いた。東部地区で2〜5カ月の工期の遅れが懸念されている災害公営(復興)住宅の工事について、業者側から一部で遅延期間を1カ月程度、短縮できることが報告されたという。

 この日の会議は冒頭以外は非公開で、同地区で6カ所の工事をしている大和ハウス工…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです