メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

秋田県大館市・大館樹海ドーム 雪山思わせる外観 /宮城

大きな雪山を思わせる真っ白なドームの外観

 秋田県大館市のJR大館駅から東に約2・5キロ。雪深い田園地帯の外れに、雪山のように白く大きな隆起が見えてくる。大館樹海ドームだ。木造ドームとしては世界最大級の大きさ。雪国・秋田にあって、天候に振り回されることなく使える施設として地元を中心に重宝されている。

 オープンは1997年。雪深い地域のスポーツ振興を主目的に、県が総工費約82億円をかけて建設した。冬に吹く季節風の抵抗を最小限にしようと、外観は卵形に。屋根は積もった雪が落ちていく造りで、雪かきをする必要がない。

 建設には樹齢60年以上、直径20センチ以上の秋田杉約2万5000本を使った。グラウンドから天井を見…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1021文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです