メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「身じまい」のおと

樹木希林さんの生ききり方=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 <死ぬときぐらい/好きにさせてよ>

 年明け早々、毎日新聞朝刊などに掲載された宝島社の広告(1月5日付)に度肝を抜かれた。ジョン・エバレット・ミレイの代表作「オフィーリア」を下敷きにした見開き全面広告。シェークスピア悲劇がモチーフの、あの水面に横たわる女性の顔が、なんと樹木希林さん(73)になっていた。広告には、冒頭の大文字コピーの下に、<……ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたいと思うのです。人は死ねば宇宙の塵芥(ちりあくた)。せめて美しく輝く塵になりたい>などというメッセージもついていた。

 雑誌の創刊でも、新刊の宣伝でもない。広告はただ、時代の空気感として「死」を取り上げ、「好きにさせて…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです