メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

識者に聞く 地道な成長戦略継続を 池尾和人・慶応大経済学部教授

=内藤絵美撮影

 日銀が導入したマイナス金利は、金融機関に大きな影響を与えないようによく考えられた政策だとは思う。しかし、金融政策の大枠そのものが限界にきている状況では効果は限られている。黒田東彦総裁は「やれることはまだある」というが、「できる」ことと「効果がある」ことは違う。

 黒田総裁は2013年4月の異次元緩和の導入時に「戦力の逐次投入はしない」と言った。物価が上がるという期待に働きかけるためには、当初は強気の姿勢が必要だったのだが、今となっては効果があったとはいえない。戦略が間違っている以上、どんな戦術を繰り出しても、誤りを補うことはできない。

 黒田総裁は、金融機関がマイナス金利で損することを避けようと貸し出しを増やすと説明するが、金利全体が…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです