メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’16冬/5止 福島との「共闘」に勇気 広島「黒い雨」の会事務局次長・高東征二さん(75)

 列島を覆う強い寒波が去った1月末、高東征二さん(75)は広島市内の事務所で晴れ晴れとした表情だった。福島の原発事故による汚染水の海洋流出を巡り、刑事責任を追及する「福島原発告訴団」の武藤類子団長からのメッセージを、刷り上がったニュースレターで確認したからだ。

 原爆投下直後に「黒い雨」を浴びた64人の集団訴訟を支援しようと、高東さんらはニュースレターの発行を決めた。その第1号に武藤さんの寄稿を載せることができた。

 <皆さんの起こされた裁判は、低線量被曝(ひばく)の健康被害についての、福島にとっても大変重要な裁判だと思います。(中略)お互いに力を合わせて、核の脅威からあらゆる命を守るために共に闘っていきましょう>

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「少年ジャンプ」が発売延期 編集部社員が新型コロナ感染 27日に「合併号」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです