米大統領

トルコと電話協議 クルド防衛隊砲撃の中止要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は19日、トルコのエルドアン大統領と電話協議し、シリア内戦の早期停戦を実現するため、シリア北西部で活動し米国が支援するクルド人民防衛隊(YPG)への砲撃を中止するよう要請した。ホワイトハウスが発表した。

 米国による同趣旨の働きかけは、バイデン副大統領が13日にトルコのダウトオール首相に行ったばかり。停戦の実…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集