EU

シリアでの市街地空爆「即座に停止」要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)は19日の首脳会議でシリア問題を協議。軍事的な緊張の高まりに「憂慮」を示し、シリア北西部アレッポや周辺で続いている市街地の空爆を「即座に停止」するよう要求する首脳宣言を採択した。名指しを避けながらもロシアによる空爆を事実上非難した。

 さらに「アサド政権とその同盟者」に対し…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文354文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集