身元不明問題

「太郎さん」逝く 認知症対策を前進

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「太郎さん」と呼ばれた男性は、家族と職員に本当の誕生会を開いてもらい笑顔をみせた=大阪市内の介護施設で2014年4月30日、銭場裕司撮影
「太郎さん」と呼ばれた男性は、家族と職員に本当の誕生会を開いてもらい笑顔をみせた=大阪市内の介護施設で2014年4月30日、銭場裕司撮影

 大阪市の路上で保護されたものの重い認知症のため、毎日新聞などの報道で身元が判明する2014年まで「太郎」という仮名で2年以上も暮らした男性が亡くなり、19日、自宅のある兵庫県内で葬儀が営まれた。本名は吉田軍次さん、75歳だった。病気がちのため最後まで自宅で暮らすことはできなかったが、その存在は行政や警察による認知症高齢者らの行方不明・身元不明者対策を進める大きなきっかけになった。【銭場裕司】

 吉田さんは岡山県出身で、塗装職人として長年、兵庫県内で働き、70歳のころに認知症を発症。12年3月、外出先で行方不明になり大阪市西淀川区で保護されたものの身元が分からず、「西淀太郎」という仮名を付けられた。特別養護老人ホームで暮らしていた14年4月、その存在を毎日新聞が「老いてさまよう」と題するキャンペーンで報じたことなどで家族と再会できた。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文824文字)

あわせて読みたい

注目の特集