メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年 河内町生板・妙行寺住職、大宮孝舒さん(56) /茨城

パソコンに保存したボランティア活動の記録写真を見る大宮さん=河内町生板の妙行寺で

支援活動で多くの縁 河内町生板(まないた)・大宮孝舒(こうじょ)さん

 利根川流域のこの地区は明治43(1910)年に大水害に遭い、当時の住職が本堂を開放して近隣の被災者約100人を受け入れ、1年間共同生活を送りました。相互扶助の思いで2011年3月末から、宮城県東松島市などに僧侶、檀徒(だんと)や有志15人ほどで約60回ボランティアに入りました。

 現地でご縁のできた天台宗住職や民生委員の案内で漁村に入り、泥出しやがれき撤去を行いました。塩害で枯…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです