メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

印刷物から聞こえる音声 /東京

 これまで、スマホやPCで文字を読み上げる読書のユニバーサルデザインについて何度か取り上げたが、紙の印刷物でも音声読み上げに対応する新たな音声コード「Uni−Voice(ユニボイス)」が誕生した。

 800〜1000字の文字情報が収納できる切手サイズの二次元コードを紙に刷り込み、スマートフォンや携帯電話をかざすと音声で読み上げる仕組み。

 2015年度の厚生労働省の障害者自立支援機器開発事業に選ばれ、特定非営利活動法人「日本視覚障がい情…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1137文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです