メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

新潟「昭和基地一丁目C57」 懐かしい駄菓子、軽食も /新潟

 新潟市秋葉区新津本町の「駄菓子や 昭和基地一丁目C57(しごなな)」の店内に入ると、昭和時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥る。昔懐かしい300種類以上の駄菓子が所狭しと並び、壁に掛けられたホーロー看板や店内に置かれた小学校の机と椅子など、随所にレトロなこだわりがちりばめられている。

 同店は、新津商工会議所がおもちゃ屋だった空き店舗を改装し、2010年7月にオープンさせた。同商議所青年部の子育て世代が「子どもの頃にあったら良かったな」と思う「理想の駄菓子屋」をコンセプトに企画。店名のC57は、鉄道のまち新津らしく蒸気機関車の名前にちなんでいる。

 普通の駄菓子屋と異なる点は、店内に駄菓子などを食べられるフリースペースがあることだ。もんじゃ(40…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです