メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

〓東録さん(72)=八幡西区 在日の歴史伝える語り部 /福岡

平和の種をまき続け

 「ペさんだよ。日本語上手やろ。なんでしゃべれるかわかる? 日本で生まれたからだよ」。在日コリアン2世の語り部として、県内の小中高校などで1994年から朝鮮半島の文化や在日の歴史を伝え続けている。年間50〜60回の講演をこなし、19日にあった大牟田市の小学校で1000回を達成。児童らを前に、万感の思いをこめていつものように語りかけた。

 「戦争したらため(駄目)よ。朝鮮人も日本人もみんな同じ人間だから、けんかせんでなかよん(仲良く)せえよ」。1世として辛酸をなめ、2004年に93歳で亡くなるまで同じ語り部として一緒に学校を回ったオモニ(母)が、たどたどしい日本語で訴えていた言葉だ。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです