メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
クローズアップ2016

改革案合意 EU残留、英世論二分

 英国のキャメロン首相は20日、欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票を6月23日に行うと発表した。EU首脳会議が19日、移民への福祉サービス制限など英国の要求を大幅に受け入れた改革案に合意したことを受けた措置。キャメロン氏は国民投票で過半数の支持を得てEU残留を決めたい考えだ。

閣内にも離脱派

 「EUからの離脱は、英国の経済と国家の安全保障を脅かす。選択は国民のみなさんにかかっているが、私が推奨する選択は明確だ。英国は、改革されたEUの中でより安全で、強く、豊かになると信じている」

 キャメロン氏は国民投票実施を決めた20日の緊急閣議後、改革案によって英国が「特別な地位」を認められたと強調しながらEU残留への支持を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り2321文字(全文2641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです