メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普段から夫婦で情報共有を

 夫に転勤の辞令が出てしまいました。家族の絆や自分のキャリア、育児環境などを考えると、夫に単身赴任してもらうか、家族で一緒についていくか、迷います。

 夫が単身赴任する場合は、これまで分担して支え合ってきた家事や育児、介護が、妻に一手にのしかかります。一方、妻が仕事を辞めて夫についていった場合は、新たな土地での生活環境作りが待ち受けています。どちらを選択しても、今後の生活に不安の種が尽きません。

 転勤コンサルタントの奥田美和さんは、夫の転勤に伴い国内外6回の引っ越しと、9回の転職経験があります…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです