メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『獅子吼』 著者・浅田次郎さん

浅田次郎さん=猪飼健史撮影

『獅子吼(ししく)』

 (文藝春秋・1512円)

わかりやすく、美しく、面白く 浅田次郎(あさだ・じろう)さん

 『鉄道員(ぽっぽや)』(直木賞)『月のしずく』などに次ぐ、久しぶりの短編集。『壬生(みぶ)義士伝』(柴田錬三郎賞)『中原の虹』(吉川英治文学賞)『終わらざる夏』(毎日出版文化賞)といった長編での活躍が注目されがちだが、実は、短編の名手。胸に迫り、心に残る短編の数々には、「鉄道員」「ラブ・レター」「月のしずく」など映像化される作品がなにしろ多い。

 時々、短編を書いてきた。これが長編を書く時、役に立つのだそうだ。「長編と短編を書くのは、100メー…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです