メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『医学の歴史』=ウィリアム・バイナム著

 (丸善出版 サイエンス・パレット・1080円)

入門書の手本となる巧みな構成

 昨年末、転倒して目の骨を骨折した。眼窩底(がんかてい)骨折というらしい。病院を受診したその日のうちに入院が決まり、翌日に手術した。目のまわりの骨は薄く、強打したときは眼球を守るために、先に骨が折れるという。人体ってよくできていると呑気(のんき)に考えながらも、次の日の手術に備えて各種検査をし、病床を用意し、滞りなく手術を終えた医療従事者と病院には驚いた。感謝の念に堪えない。しかし、私が受けたような医療を実現するためには、医学に紆余(うよ)曲折があったことは想像に難くない。その医学の進歩の複雑さを明快に記したのが本書である。

 医学が取り扱う範囲は幅広く、しかも医学の中でも関連しあい、さらに他分野とも当然繋(つな)がりがある…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです