メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点

夢つかむ先 アッと言わせたい4月=競泳・入江陵介

 五輪シーズンとなる今年の初レースは、山口市で13、14の両日に行われた「きららカップ」となった。背泳ぎ2種目に出場し、100メートルが53秒48、200メートルが1分55秒44。今は、リオデジャネイロ五輪代表選考会となる4月の日本選手権に向けたトレーニングの真っ最中なので、試合前に練習量を落としコンディションを整える「調整」を行わずにレースへ臨んだが、その割にはよかったと思う。今から日本選手権が楽しみだ。

 今回、自ら課題に掲げたのは、100メートル、200メートルともに「前半」のラップタイムだ。僕はレース終盤のスパートを武器にしている。だが、後半に向けて力をためすぎると前半で離されてしまい、勝負にならない。そのため、ラストスパートを見据えた前半の制限タイムを設定し、今回のレースに臨んだ。結果はわずかに及ばず、今後の課題となったが、その差を認識できたことは大きい。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです