西大寺会陽

宝木求め男衆1万人 熱気で湯気 岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宝木を争奪する締め込み姿の男たち=岡山市東区の西大寺観音院で2016年2月20日、久保玲撮影
宝木を争奪する締め込み姿の男たち=岡山市東区の西大寺観音院で2016年2月20日、久保玲撮影

 500年を超す歴史があり、裸祭りとして知られる「西大寺会陽(えよう)」が20日、岡山市東区の西大寺観音院であった。福を呼ぶ護符「宝木(しんぎ)」を求め、締め込み姿の男たち約1万人が白熱の奪い合いを繰り広げた。

 室町時代の1510年、住職の忠阿(ちゅうあ)上人が新年祈願の際、信徒に授けた護符を奪い合…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

あわせて読みたい

注目の特集