もうあかんやめます

靴店大阪・天満で40年 本当に閉店

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本当に閉店する靴店「シューズ・オットー」の前で最後のあいさつをする店主の竹部浅夫さん(右端)=大阪市北区で2016年2月20日午後3時26分、小関勉撮影
本当に閉店する靴店「シューズ・オットー」の前で最後のあいさつをする店主の竹部浅夫さん(右端)=大阪市北区で2016年2月20日午後3時26分、小関勉撮影

 「もうあかん やめます!」などのユニークなキャッチコピーで人気を集めた大阪市北区西天満6の靴店「シューズ・オットー」が20日、約40年の歴史に幕を閉じた。閉店セレモニーには多くのファンや報道陣らが詰めかけ、店主の竹部浅夫さん(74)は「ほんまにありがとう」と涙を流した。

 1977年開店。バブル崩壊後、売り上げ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集