高浜原発

放射性物質含む水漏れ…4号機、補助建屋内

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力高浜原発。手前から4号機、3号機、2号機、1号機=福井県高浜町で2015年10月、本社ヘリから三村政司撮影
関西電力高浜原発。手前から4号機、3号機、2号機、1号機=福井県高浜町で2015年10月、本社ヘリから三村政司撮影

 関西電力は20日、再稼働を目指す高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉補助建屋で、微量の放射性物質を含む1次系冷却水が漏れたと発表した。水は全て拭き取るなどして回収し、外部への影響はないとしているが、再稼働の日程に影響が出る可能性がある。

 関電によると20日午後3時40分ごろ、原子炉を収めた建屋の隣にある原子炉補助建屋で、出力調整をするホウ素の濃度を調節する…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集