ローマ法王

死刑全廃へ呼びかけ 日曜恒例の祈りの集い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ福島良典】世界のキリスト教カトリック信徒約13億人を率いるフランシスコ・ローマ法王は21日、バチカンのサンピエトロ広場で開いた日曜恒例の祈りの集いで、世界における死刑全廃に向けての取り組みの強化を呼びかけた。

 法王は、カトリック団体「聖エジディオ共同体」が22日からローマで開く国際会議「死刑のない世界に向けて」の成功を祈願。「(モーセの十戒にある)『殺してはならない』は絶対的な価値を持っており、無実の人にも…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集