殺人ダコ

危ない! ただいま日本海、北上中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
普段は岩や藻と同化する保護色をしている=京都府宮津市で、安部拓輝撮影
普段は岩や藻と同化する保護色をしている=京都府宮津市で、安部拓輝撮影

猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」 温暖化影響か

 日本海の若狭湾沿岸で昨秋から、猛毒を持つ小型のタコ「ヒョウモンダコ」が相次いで捕獲されている。元々は西太平洋の熱帯・亜熱帯に分布し、和歌山など温暖な太平洋側では確認されてきたが、近年は日本海でも隠岐諸島(島根県)や鳥取県沿岸でも確認され、温暖化などで生息域が北に向かって広がっている可能性がある。素手で触ると命を落とす危険もあり、京都府海洋センター(同府宮津市)は生息実態などの調査に乗り出す。

 ヒョウモンダコは約10センチの小さなタコで、攻撃を受けると体が黄色に変わり、青いヒョウ柄が浮かび上がる。唾液にはフグと同じ神経毒のテトロドトキシンが含まれる。人がかまれると呼吸困難などに陥り、豪州などでは死亡例も報告され「殺人ダコ」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文815文字)

あわせて読みたい

ニュース特集