メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・病院

麻酔と誤ってインスリン注射

通常使う10〜50倍 30代女性、救急搬送される

 福岡県久留米市の田主丸中央病院(鬼塚一郎院長)は、昨年12月、皮膚の検査をしようとした30代女性に非常勤の医師が麻酔と誤ってインスリンを注射していたと22日発表した。女性は強い寒気を訴えて久留米大病院に救急搬送され6日間入院し、今も手足のだるさを訴えているという。

 久留米市や病院によると、女性は昨年12月11日、田主丸中央病院で組織検査を受けることになった。その…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです