シリア内戦

停戦、米露が暫定合意 数日以内に実施か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明、モスクワ真野森作】ケリー米国務長官は21日、訪問先のヨルダンの首都アンマンで記者会見し、シリア内戦の停戦に関してロシアのラブロフ外相と暫定的な合意に達したと発表した。米国は反体制派や支援国と、ロシアはアサド政権やイランと詰めの協議を行い、数日以内に実施される見通しを示した。

 米露などでつくる「シリア支援国会合」は独ミュンヘンで11日、シリア内戦について「1週間以内の停戦」を呼びかけることで合意していたが、具体的な条件を巡って、関係国間の調整がずれ込んでいた。

 現地からの報道によると、ケリー氏は、停戦の実施に先立ちオバマ米大統領とプーチン露大統領が電話協議する可能性に言及した。また「誰にとっても厳しい選択だ」と述べ、実現には相当の妥協が必要だとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集