メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年を語る

着物再生で街も再生 WATALIS代表・引地恵さん /宮城

WATALIS代表・引地恵さん

亘理の伝統を未来へ 引地恵さん(47)

 東日本大震災の津波で被害を受けた亘理町で「手仕事を通じてコミュニティーを再生したい」と、2012年4月から着物リメーク雑貨を製造販売する「WATALIS(ワタリス)」。代表を務める引地恵さん(47)にこれまでの歩みや今後の目標を聞いた。【聞き手・本橋敦子】

 −−事業を始めたきっかけは。

 ◆震災後、郷土資料館の学芸員として民俗調査をしていたとき、農家で一つの巾着袋と出会った。住人によれ…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです