メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

周南市のツタヤ図書館

住民投票条例案否決で請求団体代表「市民の声、無視に憤り」 建設巡り市議会 /山口

 周南市がレンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」運営会社「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」の協力を得て進める新市立図書館建設の是非を巡り、市民団体「県オンブズマン市民会議」が求めた住民投票は22日、住民投票条例案が市議会臨時会で賛成3、反対26の賛成少数で否決され、実施されないことになった。有効署名8739人分を集め、条例制定を直接請求した市民会議の沖田秀仁代表(68)は、採決後の記者会見で「市民の声を無視し、強い憤りを覚える」と批判した。

 新市立図書館は、徳山駅周辺整備事業の一環で、建て替えるJR徳山駅ビルに入る中核施設。市は集客の目玉として、事業費約30億円を見積もり、2018年度の開業を目指している。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです