メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

確かな食べもの

辰巳芳子さんと生産者 いりこだし 手間ひまかけ、うまみ凝縮 香川県観音寺市・山下加奈代さん(34)

いりこが入っただしは濃いうまみが楽しめる=宮川製麺所で

 大きな釜から、うどんをゆでる湯気が立ち上る。香川県善通寺市にある讃岐手打ちうどん店「宮川製麺所」は平日でも1日1000食以上出る人気店だ。こだわりは、いりこがたっぷり入っただし。おかみさんは「一口目は何も入れず、だしのおいしさを味わってほしい」と話す。いりこのうまみとこくが口のなかに広がり、余韻が残る。なんとも複雑なうまみだ。

 このうどん店にいりこを卸しているのが、創業125年の「やまくに」(同県観音寺市柞田(くにた)町)だ…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです