メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レトロな和家具が人気 明治から昭和の雰囲気、洋間にも

たんすや掛け時計などのアンティーク家具が並ぶ「アンティーク山本商店」の店内=東京都世田谷区で

 日本製のアンティーク家具を取り入れたインテリアが人気を呼んでいる。東京都世田谷区の老舗和家具店「アンティーク山本商店」の山本明弘代表(47)に、明治時代から昭和時代初期に作られた和風家具の魅力を聞いた。

 アンティーク山本商店は1945年の創業から3代続くアンティーク家具店。地下1階から地上2階まで延べ約230平方メートルの売り場には、常時約1500〜2000点の中古家具や小物が並んでいる。取り扱っているのは、主に明治時代から昭和初期にかけて国内で製作された「和家具」。人から人へ長く愛用されてきた家具を、同店の職人が修理し、木目や質感の良さを引き出す表面の仕上げをして店頭に出す。小さな引き出しなどは数千円から、本棚などの大型家具も2万〜3万円台から販売している。

 山本さんは「小物の和家具を一つ置くだけで部屋の雰囲気が変わる。金額も使い方もハードルが高いと思われがちだが、洋間にもなじみやすく間口は広い」と話す。本来の用途にこだわらず、使い方を工夫すると良いという。

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです