メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レトロな和家具が人気 明治から昭和の雰囲気、洋間にも

たんすや掛け時計などのアンティーク家具が並ぶ「アンティーク山本商店」の店内=東京都世田谷区で

 日本製のアンティーク家具を取り入れたインテリアが人気を呼んでいる。東京都世田谷区の老舗和家具店「アンティーク山本商店」の山本明弘代表(47)に、明治時代から昭和時代初期に作られた和風家具の魅力を聞いた。

 アンティーク山本商店は1945年の創業から3代続くアンティーク家具店。地下1階から地上2階まで延べ約230平方メートルの売り場には、常時約1500〜2000点の中古家具や小物が並んでいる。取り扱っているのは、主に明治時代から昭和初期にかけて国内で製作された「和家具」。人から人へ長く愛用されてきた家具を、同店の職人が修理し、木目や質感の良さを引き出す表面の仕上げをして店頭に出す。小さな引き出しなどは数千円から、本棚などの大型家具も2万〜3万円台から販売している。

 山本さんは「小物の和家具を一つ置くだけで部屋の雰囲気が変わる。金額も使い方もハードルが高いと思われ…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです