メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの春

2・27 サッカーJ1開幕/3 名古屋・小倉監督 再生へスタイル創る

ガ大阪とのプレシーズンマッチで指示を出す名古屋の小倉監督(左)=大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで2016年2月14日、宮武祐希撮影

 今季から名古屋を率いる小倉監督が掲げるのは「5人目まで連動するサッカー」。パスの出し手と受け手だけでなく、その次にボールを受ける「3人目」の動きを重視するのは常識だ。名古屋は、さらにパスをつなぐ4人目、5人目もボールの動きを予測して走り、流れるような攻撃的サッカーを目指す。

 指導者経験のない新人監督が理想とする戦術の着想を得たのは、オランダに留学した1993、94年にさかのぼる。左利きのFWとして鳴らした当時、「サッカー先進国のクラブはそれぞれスタイルを持っているから応援してもらえる。“3人目”はよく言われるが、その2手先まで考えればどんなサッカーになるのかと考えるようになった」という。

 14日にあったガ大阪とのプレシーズンマッチで、攻めの形の一端は見えた。2点を追う後半2分、新加入の…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです