シリア内戦

27日から停戦実施を 米露が共同声明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明、モスクワ真野森作】米国とロシアは22日、シリア内戦の停戦条件で合意し、シリア時間の27日午前0時(日本時間同日午前7時)からの停戦実施をシリアのアサド政権と反体制派に呼びかける共同声明を発表した。ホワイトハウスによると、オバマ米大統領はロシアのプーチン大統領と電話協議し、合意成立を歓迎するとともに、今後の焦点は合意の履行だと強調した。

 米国務省が発表した共同声明によると、アサド政権側と反体制側、支援国などに対し、26日正午(同午後7時)までに停戦条件の受け入れを表明し、27日から履行するよう求めた。停戦の条件として、シリアの政治移行行程などを定めた国連安保理決議の受け入れ▽全ての攻撃の中止▽支配地域拡大の中止▽人道支援の受け入れ▽自衛のための反撃時に過度の武力を用いない−−の5項目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文828文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集