メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネコノミクス

経済効果2兆円 猫のまち尾道盛り上がり 

猫関連商品がならぶ尾道市立美術館のミュージアムショップ

 猫ブームがもたらす経済効果は2.3兆円−−。関西大学の宮本勝浩名誉教授が発表した猫による経済効果「ネコノミクス」の試算は、広島県の新年度予算案1兆56億円の2倍強。「猫のまち」として知られる尾道市では、猫にまつわる仕掛けが相次ぐ。2月22日はニャン・ニャン・ニャンにかけ「猫の日」。

 宮本名誉教授は、餌代や動物病院代など猫1匹の飼育にかかる経費を年間11万1424円と試算。これに2015年の猫飼育数をかけ、総額1兆1002億円とした。関連商品などの売り上げ30億円、「たま駅長」など観光関連効果を40億円と推定し、直接効果の総額を1兆1072億円とした。これを基に波及効…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです