メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネコノミクス

経済効果2兆円 猫のまち尾道盛り上がり 

猫関連商品がならぶ尾道市立美術館のミュージアムショップ

 猫ブームがもたらす経済効果は2.3兆円−−。関西大学の宮本勝浩名誉教授が発表した猫による経済効果「ネコノミクス」の試算は、広島県の新年度予算案1兆56億円の2倍強。「猫のまち」として知られる尾道市では、猫にまつわる仕掛けが相次ぐ。2月22日はニャン・ニャン・ニャンにかけ「猫の日」。

 宮本名誉教授は、餌代や動物病院代など猫1匹の飼育にかかる経費を年間11万1424円と試算。これに2015年の猫飼育数をかけ、総額1兆1002億円とした。関連商品などの売り上げ30億円、「たま駅長」など観光関連効果を40億円と推定し、直接効果の総額を1兆1072億円とした。これを基に波及効…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道
  5. 「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです