シャープ

「鴻海精密工業傘下での再建」方針固める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シャープ本社=2016年2月5日、三浦博之撮影
シャープ本社=2016年2月5日、三浦博之撮影

 経営再建中のシャープは22日、電子機器受託製造大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資を受け入れ、同社傘下で再建を図る方針を固めた。24日の定例取締役会で議論し、早ければ同日にも正式に決定する。日本の電機大手が外資系企業からの買収によって、再建を図るケースは初めてとなる。シャープ本体への出資など支援総額は6600億円規模になる見通しだ。

 関係者によると、鴻海はシャープ支援に関する契約内容を守ることを証明するための保証金として、すでにシャープに対し、1000億円を預けたという。シャープは鴻海案に軸足を置いて検討を進める一方で、官民ファンドの産業革新機構による支援案についても検討したが、今後の成長に向けた投資総額などで、鴻海案の方が再生の可能性が高いとの判断に傾いた。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文1011文字)

あわせて読みたい

ニュース特集