独「極右」党首

「銃使っても難民阻止を」…発言が波紋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリ党首=ベルリンで2016年2月22日、中西啓介撮影
ドイツの右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリ党首=ベルリンで2016年2月22日、中西啓介撮影

 【ベルリン中西啓介】ドイツの右派政党党首が「緊急時には銃を使ってでも(難民の)入国を阻止すべきだ」と発言し、波紋を広げている。旧東独がベルリンの壁を越えようとした人に加えた銃撃を想起させる発言は厳しい批判を浴びたが、独国内で「極右」と批判される党の勢いは3月の地方議会選に向けて増すばかりだ。

 新興政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリ党首(40)。2013年の結党で、旧東独地域を中心に5州議会で議席を持っている。

 ペトリ氏は先月末、独地方紙のインタビューで、国境への柵の設置を主張。柵を越えようとする難民に対する「緊急時の銃使用」を合法だと容認した。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文940文字)

あわせて読みたい

注目の特集