メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

国民党主席選に4氏 女性2候補「一騎打ち」

国民党主席選挙に立候補した後、記者の質問に答える洪秀柱・前立法副院長=台北市の同党本部で2016年2月22日、鈴木玲子撮影

 【台北・鈴木玲子】台湾・国民党の主席選挙で立候補の届け出が22日に行われた。1月の総統選惨敗で主席を引責辞任した朱立倫氏(54)の後任を決める選挙で4人が立候補。前立法院副院長(国会副議長)の洪秀柱氏(67)と、主席代行を務める黄敏恵氏(57)の女性2人による事実上の一騎打ちとなった。投票は3月26日。

 国民党は、総統選と同時に行われた立法院(国会、定数113)選でも、議席数を改選前の64から35に激…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです