高2女子自殺

福島県教委 部活いじめと因果関係認定せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福島県会津若松市の県立高校で昨年9月、2年生の女子生徒が自殺した問題で、県教育委員会は22日、部活動内でいじめがあったことを認める一方、「いじめと自殺の間に直接の因果関係を認定するに至らなかった」とする第三者委員会の調査結果を発表した。

 第三者委員会の調査報告書によると、女子生徒は2014年夏ごろから部活動の先輩1人に叱責されたり無視されたりするいじめに遭…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集