メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狩りガール

奈良女子大ハンティングサークルに県支援金

イノシシの解体を体験する奈良女子大の竹村優希さん(右上)=奈良県提供

 奈良女子大(奈良市)の学生らが今春、「ハンティングサークル」を結成し、若い世代に狩猟の魅力をアピールする活動を始める。狩猟の知識を学びつつ、ジビエ(野生鳥獣肉)料理のレシピを考案するなどして地域活性化にもつなげたい考えだ。奈良県では高齢化によるハンター減少などを背景に農産物被害が増えており、県は「狩猟の担い手を増やす取り組み」と位置づけ、22日公表の新年度予算案に支援費用約330万円を盛り込んだ。

 県南部を含む紀伊半島は古くから狩猟が盛んな地域。県によると、狩猟者登録数は1970年には約3800人だったが、現在は約1200人にまで減り、60歳以上が約7割を占める。ハンターの減少とともに、鹿やイノシシなどの農作物被害が増え、被害額は年間2億円に達する。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  3. ORICON NEWS 竹内結子さん死去に芸能界から悲しみの声 中田秀夫監督、小手伸也ら

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです