メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『妖草師 魔性納言』武内涼・著

◆『妖草師 魔性納言(ましようなごん)』武内涼・著(徳間文庫/税抜き740円)

 突然こんな情景へひきこまれる。「夏の白昼の森はなまなましい暴の気が横溢(おういつ)する。/一転−夏の、夜の森は、凄まじい鬼気が、満ち溢れる。黒々ともだえるアラ樫(かし)や、椎(しい)の梢の一つ一つや、奇怪(きつかい)なシダ植物の葉の一枚一枚に、幽鬼や魑魅魍魎(ちみもうりよう)、妖(あやかし)の虫が、こびりついているような気配で、溢れ返る」

 常識をはずれた異なる人物、異なる光景、異なる趣向が時代伝奇小説の愉(たの)しみだとしても、事件を追い足を踏みいれただけの夏の夜の森が、これだ。次になにが起きるのか予測もつかず、わたしたち読者に心地よい緊迫感をもたらす。武内涼「妖草師」シリーズの最新作『魔性納言』である。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです