メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河ドラマ

「花燃ゆ」銅像寄付、不足分800万円は税金 公金投入は計1300万円に 前橋市 /群馬

 昨年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に絡む前橋市の銅像建立計画で、2500万円を目標としていた寄付金は1732万8800円にとどまったことが23日わかった。市が市議会常任委員会で明らかにした。不足分は市税を投入し、4月までに建立するという。また、ドラマ放映による市内の経済効果は約39億円と試算した。【尾崎修二】

 楫取素彦(かとりもとひこ)らの銅像建立のために昨年5月から募った寄付は、個人215件、法人86件が集まり、台座に氏名が刻まれる5万円以上の寄付は個人127件、法人52件だった。寄付は2月末まで受け付けるが、不足分の約800万円は、前橋市が補正予算を組んで支出する予定。市はすでにチラシ作製や事務費用の経費500万円を負担しており、総制作費計3000万円のうち約1300万円は公金を使う見通し…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです