メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

レクサス ラテン語「豪華」もじる

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は1989年に米国で販売を始め、今や世界90カ国・地域で14車種を展開している。

 開発を始めた80年代半ば、トヨタの高級車といえば「クラウン」だった。しかし、世界の高級車市場は独メルセデス・ベンツなど欧米勢が席巻。トヨタは大衆車の印象が強く、高級志向の消費者は欧米車に乗り換えていた。そんな状況を打開するため、6年で約450台の試作車を作った末に完成したのが初代レクサス・LS400だ。

 顧客として照準を定めたのは、高給で流行に敏感な米国の若手ビジネスマン。欧州の高級車に比べれば価格は手ごろだが、静寂性や安定性で群を抜くブランドを目指した。ブランド名は高級感や響きの良さを考慮し、英語の「ラグジュアリー」(豪華)の語源であるラテン語「LUXUS」をもじった造語を採用した。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです