桜宮高自殺

大阪市に7495万円賠償命令 東京地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
祈るようにして東京地裁に入る自殺した桜宮高バスケ部主将の遺族ら=東京都千代田区で2016年2月24日午後0時40分、喜屋武真之介撮影
祈るようにして東京地裁に入る自殺した桜宮高バスケ部主将の遺族ら=東京都千代田区で2016年2月24日午後0時40分、喜屋武真之介撮影

 2012年12月に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が自殺したのは教諭だった元顧問(50)=懲戒免職=の体罰が原因として、両親ら遺族が大阪市に約1億7400万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、体罰と自殺の因果関係を認め、大阪市に約7495万円の賠償を命じた。岩井伸晃裁判長は「元顧問の暴行がなければ自殺することはなかった」と述べた。市の調査や元顧問を有罪とした刑事裁判と同様の判断となった。

 訴状などによると、男子生徒は2年生だった12年9月に主将に立候補して指名されたが、直後から元顧問による叱責が増え、11月以降は「主将を辞めろ」と迫られた。12月には練習試合でのプレーが散漫なことを理由に、元顧問に顔や頭を何度も平手打ちされることが2日あり、口を切るけがをした。最後に体罰を受けた翌日の12月23日未明に自宅で自殺した。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文897文字)

あわせて読みたい

ニュース特集