メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

露の動向注視 クルド勢力拡大懸念

シリア内戦で米露の停戦合意表明

 【エルサレム大治朋子】米国とロシアが22日にシリア内戦の停戦条件で合意したことを受け、隣国トルコがロシアの動向を注視している。ロシアが「過激派攻撃」を理由に、シリア北部での空爆を継続すれば、付近を支配するトルコと敵対的な少数民族クルド人系組織の勢力拡大を招きかねないからだ。

 「楽観できない」。トルコのダウトオール首相は23日、中東の衛星テレビ局アルジャジーラの取材にそう答…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. サラリーマン川柳 今回の優秀100句を一挙掲載 第33回サラリーマン川柳 

  4. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  5. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです