メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新千歳空港

離陸前、日航機から煙…緊急脱出、4人搬送

 23日午後3時10分ごろ、北海道千歳市の新千歳空港で、離陸前の新千歳発福岡行き日本航空3512便(ボーイング737−800型機、乗客159人、乗員6人)の機長から「右エンジンから火が出た」と、国土交通省新千歳空港事務所に連絡があった。機内に煙が入り、乗員が脱出用シューター(高さ約2.5メートル)4本で乗客を緊急脱出させたが、その際に男女4人が手首や腰を打つなどして病院に運ばれた。出火の有無を確認中で、運輸安全委員会は事故につながる恐れのある「重大インシデント」と認定、航空事故調査官4人を派遣した。

 国交省や日航などによると、飛行機は駐機場と滑走路をつなぐ誘導路を走行中、コックピット内で右エンジンに不具合発生との表示が点灯した。さらに客室内に煙が流入し、異臭もしたという。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです