メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

松田喬和のずばり聞きます 公明党・山口那津男代表

「中国など近隣外交も公明党の大事なテーマ。もっともっと、民間の交流人口を増やしていきたいですね」=東京・永田町で、小出洋平撮影

 夏の参院選が近づいてきた。安倍晋三首相は9条を含む憲法改正を「参院選でも訴えたい」(4日、衆院予算委員会)と前のめりだが、連立政権を組む公明党は「平和の党」を掲げている。山口那津男代表の胸中はいかばかりか。松田喬和・毎日新聞特別顧問が迫った。【構成・吉井理記、写真・小出洋平】

9条改正、現実的なのか 自公連立無視は信失う 軽減税率は取引でなかった/同日選はリスク大きい

 −−自公が連立を組んでから17年。この間、穏健路線の旧田中派系の内閣から、タカ派色の強い清和会系の内閣が多くなってきました。この変化をどう見ます?

 山口氏 私たちはどちらかと言えば旧田中派系とウマが合う、というのはあったと思います。伝統的イデオロ…

この記事は有料記事です。

残り2272文字(全文2581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです