メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新派

15年ぶり国立劇場で公演

左から市川月乃助、波乃久里子、水谷八重子、中村獅童=小玉祥子撮影

 東京・国立劇場で3月3〜27日に新派公演が催される。水谷八重子、波乃久里子、市川月乃助の新派俳優陣に歌舞伎俳優の中村獅童が加わり、新派の育んできた名作の2本立て。同劇場での新派公演は15年ぶりだ。

 最初が「遊女夕霧」(川口松太郎作)。吉原の遊女夕霧(波乃)が自分のために罪を犯したなじみ客の与之助(月乃助)を助けようと奔走する。

 次が「寺田屋お登勢」(榎本滋民作)。幕末、京都・伏見の船宿「寺田屋」の女主人お登勢(水谷)は坂本龍馬(獅童)をひそかに思っていた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです