メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

放射能の不安知って 被災者支援の夫妻、避難者らとミュージカル 芦屋で4月2日 /兵庫

本番に向けて練習に励む「雪の女王」の出演者たち=兵庫県芦屋市で、柳楽未来撮影

 東日本大震災の被災地を励ますコンサートを続けている芦屋市の檀美知生さん(69)と村嶋由紀子さん(68)夫妻らが、4月2日に芦屋市業平町の芦屋ルナ・ホールで上演するミュージカル「雪の女王」に向け、練習を重ねている。舞台には、福島第1原発事故後に福島県などから関西に避難してきた人たちも立つ。参加者たちは「『放射能から子供を守りたい』という思いを伝えたい」と話し、来場を呼びかけている。

 ミュージカルは、アンデルセンの童話をもとに、地の果てに住む「雪の女王」が、放射能汚染させた人間に怒って子供たちをさらって10万年の眠りにつかせてしまったため、母親たちが子供を取り戻すために旅に出る、というストーリー。村嶋さんは、関西に避難している人たちと出会って「放射能への不安や避難先での孤独を抱える避難者について知ってほしい」と思い立ち、脚本・演出を考えた。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです