メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

グアンタナモ収容所閉鎖、共和が対抗 阻止法案提出

 【ワシントン及川正也】オバマ米大統領は23日、キューバの米海軍グアンタナモ基地内のテロ拘束者収容施設の閉鎖と収容者の米本土への移送に関する計画を発表した。オバマ氏は声明で超党派の協力を求めたが、一貫して拒否してきた野党・共和党は阻止法案の提出などで対抗姿勢を鮮明にした。大統領選の共和党指名争いに出馬している主要候補者からも批判が相次ぎ、2017年1月の任期内の実現が見通せない状況を浮き彫りにした。

 米国防総省は、現在収容している91人のうち、すでに承認されている35人前後を第三国に移送し、残る収容者を米国に移送する。最大約4億7500万ドル(約533億円)を投じて米国内に施設を建設・改築する計画。収容施設の候補地は13カ所あり、コロラド州やカンザス州などの刑務所や軍施設が含まれるが、議会と協議する。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです