メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの春

2・27 サッカーJ1開幕/5 磐田・名波監督 3年ぶり、一歩ずつ上へ

初のJ1での采配が注目される名波監督

 1997年から2002年の6年間で3度の年間優勝。かつて中心選手として黄金期を築いたチームをJ1に復帰させた名波監督は「サックスブルーのユニホームを全面的に押し出すような、非常に楽しく、努力している姿をピッチで見せたい」。チームとして3年ぶりの舞台で躍動する姿を見せるつもりだ。

 14年9月、J2優勝の可能性がなくなった古巣の監督に就任した。磐田からの打診は、他のクラブからの就任要請に返事をする日の直前。そのため磐田からのオファーはいったん断ったが、選手時代に同僚だった服部年宏強化部長らから説得を受けた。引退後も静岡県内に住み、磐田への期待の大きさはひしひしと感じていた。「チームを一度、壊すなら自分しかいない」と引き受けること…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文793文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです