民主と維新

合流は3月中旬 4月衆院補選で一刻も早く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民主党と維新の党は24日、合流時期を3月中旬とする方針を固めた。4月の衆院北海道5区・京都3区補選に備え、一刻も早い新党結成が必要と判断した。また、合流時には他の野党にも結集を呼びかける。民主党の岡田克也代表は東京都内の講演で「政策が一致する他の野党も加わってもらい、巨大与党に対抗したい」と述べ、幅広い結集を目指す考えを示した。

 他の野党にも結集を呼びかけるのは、夏の参院選で「自民1強」を崩すきっかけをつかむためで、生活の党や社民党、野党系の無所属議員が念頭にある。また与党からの「維新議員の多くは民主離党組の出戻り」との批判に対抗する狙いもあり、維新の参院議員5人は同日、幅広い野党結集に向けた環境整備を求める意見書を発表した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文719文字)

あわせて読みたい

注目の特集