米国務長官

シリア停戦「うまくいくか保証はできない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】ケリー米国務長官は23日、上院外交委員会の公聴会で証言し、シリア内戦の停戦について「うまくいくか保証はできない。事態がさらに悪化することもありうる」と、厳しい状況認識を明らかにした。一方で「統一したシリアを維持する唯一の方法は、紛争の抑止と政治的移行だ」とも述べ、停戦の実現と継続に注力することが必要だとの見解を示した。

 停戦条件は、反体制派を支援する米国とアサド政権を支えるロシアが交渉し22日に合意した。公聴会では議員らからロシアの意図に相次いで疑念の声が噴出。コーカー同委委員長(共和)は「さらに攻勢を強め人を殺し(北部の要衝)アレッポを確保するのではないかと多くの人が疑っている」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文602文字)

あわせて読みたい

注目の特集