東電

メルトダウン「判断基準あった」 福島原発事故当時

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事故直後の福島第1原発3号機=2011年3月15日、東京電力提供
事故直後の福島第1原発3号機=2011年3月15日、東京電力提供

マニュアルに「5%超で炉心溶融」と明記

 東京電力は24日、福島第1原発事故当時、核燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)の判断基準を定めたマニュアルがあったにもかかわらず、誰も気づかなかったと明らかにした。この基準に従えば、2011年3月14日早朝には1、3号機で炉心溶融が起きたと判断できていたが、東電は当時、「判断基準がない」との説明を繰り返し、炉心溶融を公式に認めたのは事故から約2カ月後の同年5月だった。

 東電によると、今月、柏崎刈羽原発がある新潟県に事故の経緯を説明する過程で、当時のマニュアルを再点検したところ、「炉心損傷割合が5%を超えていれば炉心溶融と判定する」と明記されていた。事故時も含めてこの5年間、誰も気づかなかったという。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文546文字)

あわせて読みたい

ニュース特集